2018_11
08
(Thu)22:40

事故記事2 ~進展~

Category: リアル



もい!!!




ちょっとだけ進展があったので書きますね。




夕方ごろ、トヨタさんから修理の見積もり書を持ってきていただきました。



それによると…


概算見積もり約89万円




左フロント周りほとんど交換なので…高くなりますねぇ。

バンパーやヘッドライト、やはりサスペンションも少し歪んでいたそうなのでそれも交換です。

タイヤやホイール、ブレーキディスクなども交換。


意外と高いのが塗装代でした。



という感じで、、、修理する方向でいきます。



事故車になっちゃうけど…そんなこといっても86のローンも残っていて新車を買う余裕もないので…。

(乗り換えるならワンチャンGR86乗りたかった)


板金できれいに治ってきてくれることを信じます。



エンジンのほうは問題ないとのことでしたが、正直怖いですね。

ものすごいGがかかって負担になっているはずですから…。










事故直後の相手方の動きに不審な点があったのを思い出したのでちょっとだけメモしておきます。




私から警察へ電話をしたとき、相手の老人もそれを見ていて

「こいつ自分(この自分とは私のことです)から警察に電話してるよ~」と言っていました。



それなのに、警察が来た時には老人の姿はなく


なんと、家に一度帰っていたそうです。



で、私の携帯に電話が。



出てみると、警察からでした。


相手の方が家から警察に電話をかけたそうで、その確認の電話でした。



その時は何も思わなかったのですが、今思えば不可解な行動ですよね。



私から警察へ電話しているのを見ておきながら相手はわざわざ自宅にいったん帰り警察に電話をしている。




つまり…何か家に帰るべき事情があったのでは?



例えば…免許不携帯だったとか




これは完全に私の憶測なので今となってはどうしようもないことなのですが…。



思い返してみるとおかしいなと思ったので書いておきます。



相手の人がいなくなったら皆さんも少し警戒したほうがいいかもしれません。



家に帰って現場に戻ってきた後は、その老人の奥さんや娘?と思われる人も登場したので、

味方を増やしたかったのかもしれません。




うーん。 やっぱり老害なのかもしれない。



奥さんも奥さんのほうで、自宅に電話した際に住所や車種・ナンバーを聞こうとしたのですが


全く分からない、とのこと

そしてなんと事故をおこした主人は"出かけている"



はぁ~~~。 あんだけ騒いでおいてよく出かけるな~~と感心しつつも


その時の電話で、「家にいないので携帯にかけてください」と私の携帯の電話番号を伝えて電話をきりました。




しかしながら、なぜかその後、家の電話にかかってきました。

(家にいたのでよかったです)


携帯にかけてくれとわざわざ言ったのはなんだったんだ…


奥さんは少しはマシだと思ったのだが…奥さんもダメな人だったか…?



ま、そんなこんなで。





老人をあいてにすると面倒になるというのはもう明白ですね。

歳のせいか、強がる人が多い。

地位や名声なんてのは全く関係ないのにそういうのを持ち出して上からガミガミいうのは本当に勘弁してもらいたい。



おっと、これは事故とは無関係でしたね。








夕方ごろから体の一部の関節あたりが少し痛み始め、


夜、風呂から上がったら、右肩から首筋付近が痛み始めました。




右肩がズキズキしてます。



明日、病院行って診断書でももらおうかなぁ。




警察の人からは「今後体が痛み出して、病院へ行って診断書を出してもらっても構わない」と言われてますので、



そのようにしたいと思います。





ではノシ

スポンサーサイト